芸人 話題の人物

渡部建は何をしたのか?多目的トイレの画像や相手は誰?終わったな!

投稿日:

スポンサーリンク

2020年6月9日の夕方。突然の全番組への出演自粛を発表した渡部建

自粛内容は「視聴者が不快に思うようなスキャンダルをおこしたため」としました。これを受けて、「詳細はなんだ?」、「何をしたんだ?」、「佐々木希へのDV?」、「紹介したお店からの賄賂?」などなど、世間では“不快に思うようなスキャンダル”がなんなのか予想合戦が繰り広げられました。

一体、渡部建は何をしたのでしょうか?

渡部建のスキャンダルを掲載したのは週刊文春。6月11日発売号にそのスキャンダルが明らかにされました。

  • 多目的トイレとは?
  • スキャンダルの相手とは?
  • 佐々木希との今後は?

など、現段階で分かっている情報をお届けします。

渡部建のプロフィール

名前:渡部建(わたべけん)

誕生日:1972年9月23日

血液型:O型

身長:175cm

出身地:東京都八王子市

趣味:食べ歩き、高校野球観戦、映画鑑賞、小説

事務所:プロダクション人力舎

お笑いコンビ・アンジャッシュを児嶋一哉さんと共に結成し、「すれ違いコント」「勘違いコント」などで人気を博しました。

“芸能界のグルメ王”の異名を持ち、さまざまなお店の素晴らしいところをテレビでも紹介するなど、お笑い芸人とは別の一面も持っています。

【王様のブランチ】ではMCも務め、土曜の顔としてもお茶の間ではおなじみでもありました。

2017年には女優・佐々木希さんと結婚し、2018年には第一子となる長男も誕生しています。

“よき夫”、“よき父”、“よき家庭人”などのイメージも定着していた渡部建ですが、2020年6月11日発売の週刊文春では、まったく別の顔を暴露されてしまいます。発売に際して、週刊文春の記者が渡部建を直撃し、発売する旨を報告すると、渡部建は書かれていることが事実だったからなのか、覚悟を決めたからなのか、抵抗することはなかったようです。

そして、2020年6月9日の夕方には、まだ記事が出る前だというのに“全番組出演の全面自粛”を発表したというわけです。

渡部建は何をしたのか?

週刊文春によりますと、渡部建は複数の女性との不倫が発覚したということです。それだけでも全女性を敵に(いや、女性だけではないかもしれません)回してしまう内容なのですが、さらに驚くことに女性との関係は、佐々木希さんと交際している頃から続いていて、結婚してからも、さらに子供の父になってからも変わることなく続いていたというのです。

さらに相手の女性との密会場所が六本木ヒルズの多目的トイレの中というのですから、驚きというより非常識すぎて呆れてしまいますし、本来の目的での使用も今後余計なことを想像してしまいそうなほどショックでした。

なかなか六本木ヒルズまでは行きませんが、他の施設の多目的トイレでも渡部建ではなく、他の人がそのような使い方をしているかもしれないと思うだけで気分が悪くなります。

週刊文春の記事によると、そのトイレの中での情事を不倫相手の女性が詳細に語っているようです。その内容があまりにも下品というか、信じがたい内容で正直理解不能でした。

現在分かっている内容としては、複数の相手の中の一人である一般人女性会社員からの証言です☟

  • 結婚後も含めて、多い時には週2回。合計で30回以上は肉体関係を持った
  • 六本木ヒルズ内の地下2階~地下4階にある多目的トイレの中でひと気のない階を渡部建が見つけるとLINEで場所を指定する
  • 合流するとすぐに行ない、トイレ内にいる時間は長くて5分ほど
  • 事が終わると連絡用に使ったLINEの内容をすべて消去
  • 帽子、マスクをし、この女性のバッグの上に1万円を置き先にトイレから出る

もちろん週刊文春では、もっと詳細に書かれています。しかしながら、とにかく文字を打つ手も止まってしまいそうな下品すぎる内容なのです。

スポンサーリンク

今回は、この一般人女性会社員の内容がかなりワイドショーなどでも取り上げられていますが、妻で女優の佐々木希さんは、記事が出る前にこの女性と電話で直接話をしているようです。こちらも週刊文春に書かれている内容ですが、佐々木希さんはこの女性に対して「渡部と会っていた時期について尋ねていた」ようです。

渡部建が妻に事実を話すまでは、佐々木希さんはこの事実を知らず、大変動揺したそうです。そりゃそうですよね?信じていた相手に裏切られてしまった佐々木希さんを心配するファンのコメントもInstagramには多数届いていましたから。

他にも不倫が話題になった方は☟

・鈴木杏樹の離婚理由は喜多村緑郎との不倫?

渡部建の不倫相手は誰?セクシー女優の名前も浮上?

週刊文春にリークしたのは、この一般人女性会社員だということは分かりましたが、記事によると「複数女性との不倫」とあります。では、他にはどんな人と不倫をしていたのでしょうか?

調査によると、セクシー女優片桐えりりかさんの名前が浮上していました。しかし、彼女は渡部建が佐々木希さんと結婚するよりずっと前に何かがあったようですが、最近は日本に住んでいないので、複数の女性の中に自分は含まれていないと、自ら発信しています。ということは、昔のことを引っ張り出されてしまったある意味被害者でもありますね。

では、複数とはどんな女性がいるのでしょうか?

渡部建は自分が気に入るとすぐに告白したり、ナンパしたりするようです。なので、長く続いていたのは今回週刊文春にリークした一般人女性会社員だけだったかもしれませんが、その場の雰囲気などで複数の女性と関係を持つ生活を続けていたのかもしれません。

つまり、すべての女性を明らかにできるほどの人数ではないともいえると思います。性への執着心なのか、理性が足りず、抑止能力に欠けているのかは不明ですが、テレビで見るあらゆるジャンルの知識が豊富で、穏やかな口調の家族思いの優しい人というイメージが見事に粉砕されてしまうような驚きの裏の顔が暴露されたことは間違いないことでしょう。

しかし、佐々木希さんの事務所は交際前から渡部建との共演をNGにしていたという噂もありますので、もしかしたら視聴者には知られていない、業界では有名な何か良くない噂があったのかもしれません。その噂がなんなのかは残念ながら、我々には知ることができない情報なのでしょうが。

佐々木希さんの事務所は、佐々木希さんを守ろうと思っていたのかもしれませんが、最終的には、佐々木希さんの気持ちを尊重し、結婚を許したのかもしれません。今となっては強制的でも渡部建と距離を置かせるべきだったと悔やんでいるかもしれません。

渡部建まとめ

2020年6月11日発売の週刊文春で、複数女性との不倫が報じられた渡部建

妻で女優の佐々木希さんと交際している頃から、浮気は続いていて結婚後もその関係は継続していたことが発覚しました。

密会の場所は六本木ヒルズ地下の多目的トイレ内。1度の密会時間は長くても5分。その間にすべての行いを済ませ、相手の女性には連絡に使った履歴を消去させ、1万円を置いて早々に立ち去るという人としても信じられない行動を続けていました。

今回情報をリークしたこの女性は、週刊文春の取材に対して、「性のはけ口くらいにしか思っていない」、「せめてひとりの女性として扱ってほしかった」と自分の思いを激白しています。これを読んだ時、私はこの女性に対してまったく同情できず、同調もできませんでした。

そして、この関係を“不倫”と呼んでもいいものかどうかも疑問でした。お金を支払い、性処理してもらう関係でも不倫といえるのでしょうか?不倫だと思っていたのはこの女性だけだったのではないか?

ふと、そんなふうに思ってしまいました。渡部建の方は、そういう感覚ではなかったのかもしれないと思わずにはいられません。現在の妻と交際している頃から、結婚して子供が産まれてからもその関係を続けていられるのは、渡部建に悪気がまったくなかったからではないのでしょうか。

ここまで、本性が暴露されてしまった渡部建。現在は自粛という言い方をしていますが、芸能界はそんなに寛大ではない気がします。そして、今回のことが許されてしまうほどの地位には渡部建はまだ達していない気もします。

自粛解除への道のりは、そうとう遠いのではないでしょうか。もしかしたら世間の予想どおり「終わったな!」が現実になるかもしれません。いくら猛省しているとコメントをしたところで、世間はもう渡部建を信じられなくなっているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

-芸人, 話題の人物
-, , , , , ,

Copyright© エンタメJOKER , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.