モデル

matt(桑田将司)の卒アル画像あり!顔面崩壊で怖い!目が整形?

更新日:

スポンサーリンク

元読売ジャイアンツの絶対エース、桑田真澄さんの次男で現在はタレントや歌手、モデルなど幅広く活躍しているMattさん。

その容姿は、一度見たら忘れられないほどインパクトがありますよね。

引用元:https://telling.asahi.com/article/14346183

桑田真澄さんの次男だと公表してからは、「似てない」「怖い」などの声が後を絶ちません。

確かにノーメイクの父親とそっくりだったら、それはそれでメイクをしているMattさんの立場もなくなりますからね。

似てなくてもそこまで騒がなくてもいいのではと思ってしまいますが、そのメイクが「怖い」と感じる人は多いようです。

最近は、なんだか見慣れてしまったせいか、初めて見た時ほどの違和感はなくなっているという声も聞きます。

そんなMattさんですが、学生時代はもちろんすっぴんだったので、「もともとはどんな顔だったんだろう?」という疑問にお答えして、卒アルの画像をご紹介したいと思います。

最近は「Matt化」という言葉まで出てきて、Mattさん風のメイクも注目されています。初めて見た時の違和感は、時の流れでブームにまでなるなんて、何が流行るか分かりませんよね。

野球選手の息子がタレントとなった理由などについてもまとめていきたいと思いますので、最後までお読みいただけますと幸いです。

Mattのプロフィール

引用元:https://www.oricon.co.jp/special/53626/

名前Matt(まっと)
本名桑田将司(くわたまさし)
生年月日1994年7月18日
血液型A型
身長182㎝
体重64㎏
出身地東京都世田谷区
出身校桜美林大学芸術文化学群音楽専修
職業タレント、歌手、作詞作曲、モデル、レタッチャーメイクアップ
事務所(有)Life is Art

冒頭でも書きましたが、父親は桑田真澄さんです。母親は元CAで、その他、家族には兄がいて、独立リーグ所属で元プロ野球選手の桑田真樹(まさき)さんです。

Mattさんも小学生の頃は野球をやっていましたが、本人は乗り気ではなかったそうです。

確かに父親が偉大な野球選手だと、自然な流れで子供も野球を始めることは多いかもしれませんね。野球を辞めたいと思い、父に相談すると、「小学校卒業までは続けなさい。その代わり、卒業したら自分の好きなことをしていい」と言われ、6年間は続けたそうです。

実は父には、6年間続ければ野球が好きになってくれるだろうという思いがあったそうです。

しかし、Mattさんが野球を好きになることはありませんでした。約束通り6年間続けると、すぐに野球をやめ、音楽に専念すると父に伝えたそうです。

音楽に進みたいと感じたのは7歳の時で、当時、父が肘のリハビリのために弾いていたピアノの影響が大きかったと言います。その後、ピアノ、バイオリンを習い始めました。

中学校では吹奏楽部に所属し、ドラム・フルート・アルトサックス・コントラバスなどを担当します。

高校は楽器推薦で、堀越高校に入学し、吹奏楽部ではアルトサックスを担当。3年では部長も務めました。アルトサックスの他にもソプラノサックスも担当することがあったそうです。

【第52回東京都高等学校吹奏楽コンクール】では金賞も受賞しました。

2020年9月30日には、それまで本名で活動していた音楽活動時のアーティスト名を【Matt Rose(まっとろーず)】に改名します。

大学1年の頃からはブライダルモデルとしても活動しました。そして、それまでは父が誰なのかを隠していましたが、2017年頃から「桑田真澄の息子」であることを公表し、バラエティ番組にも出演するようになります。

引用元:https://be-story.jp/article/67335

「美容フリーク」としても知られていて、「Matt化」と呼ばれるメイクが話題となります。

2019年には、【BESTCOSMETICS AWARDS2019】「最もニュースな美容人2019」として表彰もされました。ちなみに「フリーク」とは、熱狂者・マニアなどの意味がありますので、Mattさんは「美容に関して熱狂者である」ということですね。

さらに、職業にもあります「レタッチャーメイクアップ」というものがどういうものなのかも調べました。

スポンサーリンク

「レタッチャー」という職種は、広告や雑誌、本、カタログなどで使う画像の補正・修正・加工などを行なう職種ということなので、それのメイクアップ版ということなのでしょう。さすが、美容フリークです。

そして、歌手活動もしており、YouTubeで歌声を聴かせてもらいましたが、一言です!「歌唱力・表現力共に抜群です」この言葉に尽きます。正直、バラエティ番組などで観るMattさんからは想像できないほどのクオリティの高さです。

野球の才能はなかったかもしれませんが、多方面で才能を発揮できるMattさんはとても素晴らしい人だと思います。

Mattの卒アル画像あり!

私たちが見るMattさんは、とにかく素顔が分からないほど丁寧にメイクされた顔ですよね。

ここまでしっかりメイクされていると、どうしても気になるのが「すっぴん」ではないでしょうか。

そこで探してみると、高校の卒業アルバムの中に吹奏楽部の写真が掲載されていました。そこには、すっぴんで高校生らしいMattさんの姿がありました。

引用元:https://yumeijinhensachi.com/archives/6801

現在、私たちが見ているMattさんは「どんなメイクをしたら、あんな仕上がりになるんだろう?」と不思議になるほど、素顔が分からないように感じますよね。

ところが、卒アルのMattさんを見ると肌の色こそ違いますが、やはり土台がしっかりしているからこそ、メイクであそこまで作り上げられるのだということが分かります。

「すっぴんはどうしようもない顔」なんて声も聞きますが、決してどうしようもない顔なんかではありません。今より少しふっくらしていますが、名前を明かさず「この人は誰でしょう?」といわれても、Mattさんだと分かると思います。

ただ、コンプレックスもあったようなので、そのあたりをメイクによって克服しているのでしょう。

顔面崩壊で怖い!目は整形?

Mattさんは1度のメイクに数時間かけるそうです。たくさんの種類を使い分けて仕上げていくようなんですが、あれだけのメイクをするのですから、肌への負担は相当大きいように感じます。

しかし、美を追求する姿勢は変えず、初めてテレビに出演した頃と比べてもさらにメイクが変わった気がします。

最近のMattさんは、カラコンなどの影響もあるかもしれませんが、人間離れした顔になっています。人間らしい温かみを感じられないということで、「怖い」との声も多く聞かれるようになりました。

「顔面崩壊」というのは、おそらく「人間らしさが崩壊してロボットのようなメイクになっている」ことを言うのでしょう。話せば、もちろんMattさんなんですが、例えば写真などだとロボットに見えるという声も分かる気がします。

引用元:https://sirabee.com/2019/03/12/20162038916/

さらに、「目は整形?」との声もあります。先ほどの卒アルでは、目は一重でした。しかし、現在のMattさんは綺麗な二重です。

さらに、おでこの形にも違和感がある鼻の形も卒アルとは違うなどなど、顔のあちこちに対して整形疑惑が浮上しています。

本人は、整形はしていないと公言しているのですが、美容整形の医師からは「整形している」と断言されてしまっているようです。

本人が「していない」というのは、本当にしていないのか、整形を隠したいと思っているのかは不明ですが、メイクだけではここまで変えることは難しいと思うんですよね。

もしかしたらMattさんにとっては、顔のパーツの形を少し変えることも「美容」「メイク」の一環だと考えているのかもしれません。

他にも顔面崩壊したと噂されている方は↓↓↓
→広瀬香美の目が変で顔面崩壊?今と昔で顔が変わった!怖いの声も!
→ヴァニラの加工なし画像が顔面崩壊!収入源や仕事は?アレンとの関係は?

まとめ

偉大な父を持つMattさんは、父の背中を負い野球選手を目指すことなく、音楽の道へ進みます。

さらに「美容フリーク」としても有名で、そのメイクは「Matt化」と呼ばれ話題になりました。最近だと、CMで女優の松嶋菜々子さんを「Matt化」させていましたよね。

引用元:https://news.mynavi.jp/article/20210908-1966820/

顔面崩壊で怖い!目が整形?という件は、素顔が分からなくなりそうなほどの過度のメイクを見て怖いと感じる人も増え始め、顔のあちこちに整形疑惑も浮上しています。しかし、本人は整形に関して否定しているので、実際に整形しているかは不明です。

日本人離れという言葉がありますが、Mattさんに関しては、もはや「人間離れ」した域に達しているような気はしますが、性格は穏やかそうで、話しているところを見ると、思わずリラックスしてしまいそうになる癒し効果がある気がします。

そんなキャラクターを活かし、今後の活躍も応援していきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

-モデル
-, , , , , , ,

Copyright© エンタメJOKER , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.