アナウンサー

神田愛花の水着画像あり?性格悪すぎる&嫌い?すっぴんがブサイク?

更新日:

スポンサーリンク

元NHKアナウンサーで現在はフリーのアナウンサーとして活躍している神田愛花さん。2015年にはお笑い芸人バナナマンの日村勇紀さんとの熱愛が報じられ、その後2018年4月に結婚し、「美女と野獣」と話題にもなりました。

引用元:https://www.lmaga.jp/news/2021/07/297435/

そんな神田愛花さんの名前を検索すると、「水着画像」「性格悪すぎる」「嫌い」「すっぴん」「ブサイク」というワードが出てくるようなので、それらについてまとめていきたいと思います。

プロフィール

引用元:https://twitter.com/kandaaika55/status/1253640933012238336

名前神田愛花(かんだあいか)
本名日村愛花(ひむらあいか)
生年月日1980年5月29日
血液型O型
身長156㎝
出身地神奈川県横浜市
出身校学習院大学理学部数学科
趣味海釣り、歌舞伎鑑賞
職業フリーアナウンサー
事務所セント・フォース

大学時代にはミスキャンパスコンテストで【準ミス学習院】に選ばれた事もあり、雑誌でも読者モデルとしても活躍していました。

2003年にNHKに入局し、初任地は福岡放送局でした。入社当時は福岡放送局を拠点に活動していましたが、2005年あたりから全国区の放送番組にも出演する事が多くなっていきます。同年には【サタデースポーツ】【サンデースポーツ】(全国区)で青山祐子さんの代役でキャスターを務め、その都度上京するかたちで出演していました。

さらに【第56回NHK紅白歌合戦】「スキウタ~紅白みんなでアンケート~」のお披露目隊として高山哲哉アナウンサーとともに全国を走り回りました。

2006年には、【FIFAワールドカップ】を放送した際の総合テレビで日曜日の朝放送していた【ウィークリーハイライト】ではサブMCも務めました。

そして、2007年に本格的に上京し【爆笑オンエアバトル】6代目司会、【にっぽん検定力】司会、【全国高等学校ロボットコンテスト】司会など、上京したことで一気に出演番組が増えていきます。

多くの番組を担当するエース候補でしたが、2012年3月に長年勤めたNHKを退社。同年7月、現在の所属事務所である【セント・フォース】に所属し10月よりフリーアナウンサーとして活動を開始しました。

これからフリーアナウンサーとして活動していくという2015年に、お笑い芸人バナナマンの日村勇紀さんと週刊誌で熱愛が報じられると、双方の事務所は交際を認めるコメントを発表。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/30030eb960f7bff27898eb76489011703d60752f

神田愛花さんの母親はこの交際に反対だったようですが、2人は2018年4月に婚姻届を提出し、晴れて夫婦となりました。

結婚後も「神田愛花」を名乗り活動しています。

神田愛花の水着画像あり?

元NHKのアナウンサーではありますが、現在はフリーとして活動しているということは、もしかしたらグラビアなどの仕事もこなす可能性はありますよね。その期待も込めて、名前とともに検索されるワードに「水着」というワードがあるのかもしれません。

しかし、2022年6月現在、水着グラビアの仕事をしたという情報はありませんでした。

そこで、神田愛花さんのインスタを探してみると・・ありました!水着姿です。2019年5月に投稿された画像に水着姿が2枚あったんです。といっても全身ではなく上半身のみのショットです。プールの中に入った状態で上半身のみが写ったその画像には、黒のワンピースタイプの水着を着た神田愛花さんがいました。

→神田愛花の水着姿の画像はコチラ

水着姿を探しましたが、それ以外を見つけることが出来なかったので、この画像はとても貴重かもしれませんね。

以前、雑誌【プレイボーイ】でグラビアを経験しているのですが、その時には水着ではなかったようなので、やはりインスタの水着姿は貴重です。コメント欄にも「水着姿はレアですね」などと書かれていましたから、ファンでもそう感じるくらい貴重だということが分かりました。

2022年6月現在42歳ですが、相変わらず美人でスタイルも抜群なので、いつか水着グラビアの依頼があり、それを受けてくれるかもしれないと期待せずにはいられません。

性格悪すぎる&嫌い?

結婚して4年が過ぎ、公私共に順調な神田愛花さんですが、「性格悪すぎ」「嫌い」などといった声がたびたび聞かれます。中には、天然が「エセ天然ではないか?」という声もあるほどです。なぜ、そんなネガティブなワードが聞かれるのでしょうか?

スポンサーリンク

引用元:http://caplogger.com/blog-entry-13380.html

調べていると、以前放送された【ネプリーグ】に出演したことが発端ではないかと言われています。【ネプリーグ】という番組は、5人で一緒に問題に答え正解するというコーナーがあります。この番組に出演した際、神田愛花さんだけ不正解を連発したそうです。

その時、「理系ですから」「数学ならできる」などのリケジョぶりをアピールし意味不明な言い訳を並べたそうです。さらには同じ回答席にいた大久保佳代子さんに向かって「長く生きてるから色んな常識があるんですね」と失礼な発言をしたことが視聴者からの反感を買ったようです。

この流れから「性格が悪すぎる」という声が広まったようです。

さらに有吉反省会に出演した際も神田愛花さんがTwitterで「肝心の台本が珍しく置かれてない」「今日はまだお弁当が届いてない」などスタッフのミスを逐一投稿している様子に、スタジオでは「一番タチが悪い女」「とんだ大女優ぶり」と批判の声が相次いだそうです。

そんな一面から彼女の事を嫌いと言う声が増えていったと考えられます。さらにわざと天然ぶる姿に「エセ天然」なんて声も広まったようです。

他にも、日村勇紀さんとの熱愛報道の際にも「売名行為?」と言われるまでになってしまったようです。確かにこの一連の内容を聞くと、彼女の性格は悪すぎるのかもと思われても仕方がないかもしれません。しかし、性格が悪いというより、少し変わり者だということが有名なようです。美人ではありますが、その素顔はちょっと驚く行動が多いようなんです。

一例をあげると、

ハンカチを持ち歩いたことがない

トイレの後、ほとんど手を洗わない

鼻をかんだティッシュを乾かして再利用

夫の汚れが付着した下着と自分のものを一緒に洗っても平気(付着物を取り除かず)

これらは神田愛花さん本人からの情報なので、事実でしょうが、これらをあっけらかんと言えてしまうところを考えると、思ったことを口にする、思った通りに行動するという本当の天然なのではないかと思ってしまうんですよね。決して性格が悪いのではなく、少し物事の考え方が変わっているが故の行動や言動なのかもしれません。

すっぴんがブサイク?

美人で通っている神田愛花さんですが、なぜか「ブサイク」「すっぴん」というワードも出てきます。

神田愛花さんといえば、少しメイクが濃いめという印象がある人も多いと思います。メイクが濃いめの人のすっぴんってとても気になるところですよね。

探してみたのですが、すっぴんを見つけることは出来ませんでした。すっぴんの画像が見つけられなかったのに、なぜ「ブサイク」というワードも出てくるのでしょうか。そのあたりも理由を探してみました。すると、すっぴんがブサイクというわけではなさそうなんです。

引用元:http://first-styles.com/post-2839/

神田愛花さんといえば、少しあごが長いですよね。このあごの長さが正面から見ると目立ってしまい、口元からあごにかけてのバランスが悪いと感じる人も少なくないようなんです。

本人のインスタなどを見ると正面の画像はあるですが、あまりあごの長さが目立たないものが多く、普通に「綺麗な人だな」という印象を受けます。角度などによっては全然目立たないことなのですが、真正面の画像を見ると確かにあごが長いので、バランスを考えると「ブサイク」と言われてしまうのも仕方がないのかもしれません。

一部では、「整形したのでは?」との声もあるようですが、もし整形したとすれば、おそらく本人もあごのバランスは気になっているはずなので、真っ先にそこを整形するような気がするんですよね。なので、整形はしていない可能性が高いのではないかと個人的には思ってしまいます。

他にもすっぴんが気になる方は↓↓↓
→工藤美桜の結婚相手の旦那は誰?水着姿の画像あり!すっぴんがかわいい!
→佐々木美玲のdeepフェイクとは?すっぴん&笑顔が超かわいい!

まとめ

水着画像は神田愛花さんのインスタに2枚だけ投稿されていましたが、全身ではなく上半身のみでした。それだけでもとてもレアな水着姿のようです。

性格悪すぎるから嫌いという件は、自分の失敗に言い訳をしたり、他の人の素晴らしいことに「長く生きているから」と失礼なことを言ったりというところを見た視聴者や共演者から思われてしまったようですが、本人は少し考え方が変わっていて、「こう言ったらどう感じられるか?」というところまで考えていないのではないかと感じました。

引用元:https://post.tv-asahi.co.jp/post-174176/

すっぴんがブサイクについては、すっぴんを見つけることが出来なかったので、すっぴんがブサイクかどうかは確認できませんでした。フリーアナウンサーとして活動する中で、こんなにさまざまなことが気になられているというのは、やはりそれだけ魅力があるからなのではないかと思ってしまいます。今後も神田愛花さんの活躍を応援していきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

-アナウンサー
-, , , , , ,

Copyright© エンタメJOKER , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.