話題の人物

木村花の性格が嫌い&嫌われる理由は?なぜ死んだ?すっぴん画像あり!

投稿日:

スポンサーリンク

2020年5月23日。プロレスラーの木村花さんがこの世を去りました。まだ22歳という若さでした。

死因などは公表されていませんが、花さんはSNS上の誹謗中傷に心が不安定になっていたようです。

彼女はなぜ嫌われていたのか?どうして亡くなってしまったのか?死因が公表されていませんので、予測しかできませんが、こんな状況になってしまった理由になったであろうことをまとめてみました。

木村花のプロフィール

リングネーム:木村花(本名:同じ)(きむらはな)

誕生日:1997年9月3日

身長:164cm

体重:58㎏

出身地:神奈川県横浜市

職業:プロレスラー

所属:スターダム

2015年10月にプロレス総合学院の1期生として入学した花さんは翌年3月に卒業試合となった才木玲佳戦でデビューを果たします(この時は敗北しました)。

2016年4月に再び才木玲佳と試合をしますが、この時は勝利をおさめました。

順調に女子プロレスラーとしてのキャリアを積み始めた花さんでしたが、2017年には前年末の試合で右尺骨骨幹部骨折で全治1ヶ月と診断され、年始の試合を欠場します。この頃から芸能活動も始めたようです。

☟木村花のすっぴん画像☟

そして、2019年3月にスターダムに入団します。この年の9月からフジテレビの人気番組【テラスハウス】に入所(出演)します。

木村花の性格が嫌われる理由は?

テラスハウス入所当時は、天真爛漫で明るくて、ストレートな物言いにテラスハウスの空気もガラリと変わりました。

この時は「プロレスラー?スゴイ!」、「明るくて可愛い」などSNSでは高評価が多く見られました。その時、入所してすぐに花さんが一目ぼれしたのが田渡凌です。「好き」という気持ちがあまりにも分かりやすく、この時にもSNS上では花さんを応援するコメントがとても多く見られました。

しかし、凌にはその気がなく、次第に花さんを避けるようになります。その後、きちんと言葉で伝えて、花さんの恋は終止符を打ちます。

この時には、花さんを励ますようなコメントがたくさんありました。ここまでは何事もなく、花さんの印象も視聴者からは好印象だったようです。

ところが、2019年12月に小林快「花のことが気になってる」と告白され、翌年3月に社長と夢、快と花さんの4人で京都旅行に行った際、SNS上のコメントにも少しずつ変化が見え始めるのです。

それは、旅行中のお金を社長がすべて出している姿を見た花さんの快に対する不信感から始まります。快の周囲に対する気づかいや配慮に欠ける行動が花さんにとっては不満だったのです。

そこで花さんは快と話し合いをし、「恋愛に求めるものが違う」という結論に達し、この恋も終止符を打つことになります。

この頃から、SNS上では「快がお金払わないだけでそこまで引く?」「自分だって社長におごってもらってたのに」など少しずつ風当たりが強くなり始めます。

そして、決定的にSNSのコメントが変わる事件が起こります。それは【コスチューム事件】です。花さんはプロレスに使用しているコスチュームを洗濯したのち、忙しくて洗濯機から取り出し忘れていました。

スポンサーリンク

そこに、快は洗濯物が入っていることに気付かず自分の洗濯物を入れ、洗い、乾燥までかけてしまったんです。快の洗濯が終了した時に花さんのコスチュームに気付きましたが、花さんが“命より大切なもの”だというコスチュームは縮んでしまったのです。

花さんは快を責めます。暴言、暴力などがテレビで映し出されるとSNSはざわめき始めます。

  • 「確かに快も悪いけど、自分だって入れっぱなしだったんでしょ?」
  • 「命より大切なら入れっぱなしにするな」
  • 「お前も悪いだろ」
  • 「暴力行為最低」

などなど、それまでは好印象だった花さんの印象が一気に変わってしまいました。

この事件ののち、新型コロナウイルスの影響でテラスハウスは一時中止になります。しかし、花さんへの誹謗中傷は終わりを見せるどころか、どんどんエスカレートしていくのです。

他にも嫌われてると噂になっている方は☟

・堀未央奈がぼっちで嫌われてる理由は?

・久慈暁子(クジパン)が性格悪そうで嫌われてる?

木村花はなぜ死んだ?

冒頭でも書きましたが、花さんの死因は公表されていません。

しかし、SNSの最後の投稿には「愛してる、楽しく長生きしてね。ごめんね」としているのです。更に、手書きの遺書らしきものも見つかっているとの情報もあります。

そして、SNSでの誹謗中傷は毎日100件以上きており、花さんは外出自粛もあり、それらを自宅でずっと読んでいたそうです。次第に花さん自身のInstagramなどでも不安定な心が映し出されるようになります。

花さんの性格はとても繊細で、ある意味臆病なところもあるとテレビのインタビューに答えていた長与千種がいっていました。

毎日100件を超える数の誹謗中傷を全部読んでいたとしたら、どれだけ強い精神力の持ち主であっても心は折れてしまうでしょう。まして、花さんはとても繊細だと周りに思われている精神力、性格です。数件読んだだけでも心は折れていたかもしれません。

それでも、人は自分がどんなふうに思われているのかを知りたいと思ったり、誹謗中傷の中に一筋の光のような応援コメントはないか?と探したりするものです。それはプロレスラーでも芸能人でも、我々一般人であっても同じ心理ではないでしょうか?

もしかしたら、コメントの中に花さんを救ってくれるようなコメントがなかったのかもしれません。絶望した花さんの精神力は限界に達してしまったのでしょう。

花さんが亡くなった理由はそんな心ないコメントを送った人たちではないでしょうか。花さんが亡くなったとの報道があった翌日には、そのコメントがどんどん削除されているそうです。削除している人たちは、自分が人を傷つけるコメントをした自覚があるということでしょう。

花さんが亡くなってしまった原因が少なくとも自分たちにもあると感じてくれているのでしょうか?それとも、コメントを残しておくことによって自分たちに非が及ぶことを恐れて削除しているのでしょうか?

いずれにしても、死因の公表がされていない今、何も出来ないのが現状です。

木村花のまとめ

2020年5月23日、突然の訃報に世間が驚いてしまいましたが、木村花さんが永眠しました。

プロレス総合学院の1期生として、プロを目指していた木村花さん。翌年には卒業試合でデビューを果たしています。

その後、ケガに見舞われましたが、見事に復帰を果たします。プロレスの世界だけで活躍していれば、あるいは今も元気に生きていてくれていたかもしれません。亡くなった人に対して「もしかしたら」「かもしれない」は通用しません。

亡くなった理由が公式で発表されていないのですが、明らかにSNSでの誹謗中傷は木村花さんが今現在この世にいないことに対しての原因の一つになっていることは間違いないことではないでしょうか。

本当の性格はとても繊細で、臆病者。もしかしたらテラスハウスではプロレスラーというイメージを演じていたのかもしれません。強気な性格を演じようとしても、時々辛くなって泣いてしまう…

そんな状態で出演していたのかもしれません。

これから、いろいろ明らかになってくるかもしれませんが、現時点では分からないことだらけでニュースなどでも予測を真実のように報道しています。誹謗中傷が直接の原因だという言い方にも聞こえる報道です。

原因が明らかになったとしても、もう木村花さんは戻ってきません。何にでも一生懸命だった木村花さん。

今は、気持ちが楽になっているのでしょうか?どうか、気持ちが楽になっていますようにと祈るばかりです。そして、心よりご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク

-話題の人物
-, , , , , , ,

Copyright© エンタメJOKER , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.