歌手

Uru(歌手)は病気で病んでる?障害者の噂も!顔出さない理由は?

投稿日:

スポンサーリンク

みなさんはUruを知っていますか?2020年1月期のドラマ「テセウスの船」の主題歌を担当していたシンガーソングライターなので、名前を知らなくても曲は聴いたことがあるという人は多いのではないでしょうか?

Uruの正体はヴェールに包まれた謎多きシンガーソングライターで、ライブですらその正体をハッキリとは現さずに開催することも有名です。そんなUruに「病気なのでは?」「障碍者なの?」「どうして顔を出さないの?」などさまざまな噂が飛び交っています。

それだけ曲が有名になり、多くの人たちが素顔を知りたがっているということですよね。そこで、今分かっている情報のみになりますが、皆さんにUruの謎を解明してお届けしたいと思います。

Uruのプロフィール

名前:Uru(うる)

誕生日:非公開

メジャーデビュー:2016年6月15日

メジャーデビューシングル:星の中の君

所属事務所:イドエンターテインメント

所属レーベル:ソニーミュージック

所属事務所の情報からは公開されているプロフィールは以上です。

あまりにも情報が少なかったので、他にもないかと調べてみましたら、メジャーデビュー前に新潟県三条市を拠点に活動していたバンド“Juno Clover”のメンバーだったことが分かりました。

当時は【mai Uru】として活動していたようなので、出身はもしかしたら新潟県三条市付近なのかもしれません。当時活動していた頃の名前がmai Uruだったことから、本名は【まい】なのではとの見方も考えられますが、これはあくまでも私の主観ですが新潟県は米どころなので【うるち米】を文字ったのでは?と思ってしまいました。

Juno Cloverではボーカルを担当していたようです。その後、バンドを脱退します。

脱退後、ソロとして活動するためにレコード会社などに売り込みをしますが、どこもUruの魅力を理解してくれなかったようです。そこで始めたのがYouTubeです。

 

2013年にYouTubeで公式チャンネルを立ち上げ、主にカバー曲を披露します。驚くべきは、撮影・編集・演奏・アレンジ・プログラミングなどすべて自分で行なっていたことです。このYouTubeがきっかけで、デビューとなったわけですが、デビューまでの約3年間で100本にも及ぶ動画を公開し、総再生回数は4400万回以上でチャンネル登録者数は14万人を超えていました。

Uruは病気?障害者との噂も!

実力が認められ、デビューとなったUruですが、2020年3月30日OAの【CDTVライブ!ライブ!】でテレビに初出演した際、曲披露の冒頭で「今日は私にとってテレビで歌を歌うことが初めてになります。私の性格や性質上、難しいところがたくさんあり、こういった華やかな場所にはそぐわないと今までずっと思ってきました…(以下略)」と本人の口から伝えられました。

これを見た視聴者からは「Uruは病気なの?」「障碍者なの?」と噂されることになります。どうやら「私の性格や性質上…」という部分から予測されることが、病気や障碍という言葉だったようです。

しかし、ほとんどUruに関する情報がないため、病気なのか、障碍なのかは、はっきり分かりません。中には「パニック障害なのでは?」との声もあります。

実は私はこのOAを観ました。そして、Uruの言葉から感じたのは「彼女はHSPなのかもしれないな」ということです。これは病気ではなく、性格や性質なのでそれを自分自身で理解し、対処していかなくてはいけません。HSPは略称で直訳すると“非常に敏感な人”です。“とても敏感な人”という表現をすることもあります。

スポンサーリンク

自分にとって難しいと感じることをやらなくてはいけない場合に、敏感に反応してしまい、いつも通りにできない場合があります。なのでUruの場合、病気や障害者というよりこちらの方が近いのではないかと思うのです。自分の中で折り合いをつけて対処していくしかないため、初めてのことなどには特に慎重になってしまうこともあります。

あくまでも私の主観なので、事実ではありませんが。。

他にも障碍者?と噂されている方は☟

・ティモンディ高岸に障害で病気の噂も!?

・浜口京子は発達障害??

Uruが顔出さない理由は?

デビューが2016年なので2020年の時点でデビューしてから4年が経ちますが、その間ほとんど顔出しがありませんでした。冒頭でも少し書きましたが、ライブでさえ、ドレープの幕を幾重にも重ねられた中でおこなわれます。

ではなぜ顔出しをしないのでしょうか?その理由が分かる対談があります。その対談とはUruが楽曲提供をしている木村拓哉との対談です。

その中で、Uruは自分は人見知りだといっています。「もともと自分の意見がいえない性格」「人見知りを克服したくて、(行きつけの)美容院だけじゃなく他の美容院にも行ってみた」「少し慣れると洋服を買う時、店員とはなせるようになった」「(歌手になる前)あるとき、心が疲れてしまった」などとも話していました。

顔出しをしない理由としては、人見知りが最有力候補かもしれません。その他の理由を考えるとすれば、一般的には何かにコンプレックスがある場合や純粋に曲だけを聴いてほしい場合などがありますが、Uruの容姿はコンプレックスがあるようには見えません(むしろ美しいので、どんどん見たいです)。

だとすると、純粋に曲だけで勝負したいと考えているとも考えられます。曲のイメージや世界観を大切にしているなら顔は必要ないと考えても不思議ではありませんから。でもそういう理由もあるかもしれませんが、やはり一番は、人見知りだからではないでしょうか。

Uruの曲はこんなに起用されている!

顔はメディアにあまり出ていませんが、楽曲はさまざまなところで起用されています。デビューから最新(2020年)までに起用された楽曲もチェックしてみましょう。

2016年  6月 「星の中の君」 (映画【夏美のホタル】主題歌)←これがメジャーデビュー曲です☟

 

「すなお」(NTT西日本WebCM)、10月「Sunny day home town」(Canon PIXUS CM)、「ほんとは、ね」(Canon Photo Jewel S CM)。

2017年2月「フリージア」(アニメ【機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ】エンディング)

「娘より」(新春特別ドラマ【しあわせの記憶】主題歌)

6月「しあわせの詩」 (ドラマ【フランケンシュタインの恋】挿入歌)

10月「奇蹟」(ドラマ【コウノドリ】主題歌)

12月「追憶のふたり」(映画【悪と仮面のルール】主題歌)

2018年9月「remenber」(映画【劇場版夏目友人帳~うつせみに結ぶ~】主題歌)

12月「プロローグ」(ドラマ【中学聖日記】主題歌)

2019年9月「Scenery」(アニメ【グランベルム】エンディング)

2020年2月「あなたがいるだけで」(ドラマ【テセウスの船】主題歌)

みなさんは、どれくらい知っていましたか?もしかしたら、タイトルは知らなくても、どこかで耳にしていたかもしれませんね。

Uruまとめ

プロフィールなど謎が多いUruですが、とても素晴らしい曲を作るシンガーソングライターです。曲が話題になり、Uruを知りたいと思う人たちが増えたことで、それに応えたい気持ちでメディアに初出演も果たしました。

Uru本人は、とても人見知りで人前に出て何かをするのが苦手なため、CDTVでのあいさつの時には震える声で自己紹介をしていました。病気だとか障碍者だとか噂されても、素晴らしい曲をファンに届けたいという気持ちにブレはありません。

そして、その曲はファンでなくても心にしみると感じる人は多いでしょう。今後のUruのますますの活躍を大いに期待します。

スポンサーリンク

-歌手
-, , , , , ,

Copyright© エンタメJOKER , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.